ブラック企業とはどんな会社か

2015.08.17

2件

ブラック企業の定義

 ブラック企業には明確な定義があるわけではありません。一般的には従業員が劣悪な環境の中で仕事を強いられる環境にあり、離職率がとても高くて、入社を勧めることができない企業のことです。法的にグレーゾーンな労働条件を従業員に強制させており、パワハラが常態化しています。

 違法行為となるような営業行為を平気で行わせたり、悪質な企業経営をしているケースが多いです。コンプライアンスやコーポレート・ガバナンスといった企業に求められている要素を軽視しており、従業員がなかなか定着しない企業です。就活ではこのような企業に入るべきではないでしょう。

ブラック企業の実例

 ブラック企業に入ってしまうとさまざまな辛い状況の中で働くことになります。まず、入社前に聞かされていたのとは異なった条件で働かされることになるでしょう。そのため、求人票に掲載されている情報は虚偽であることが多く、面接の際にも嘘の説明をされることがあります。

 残業が極端に長いことが多く、従業員の大部分は疲弊してしまっています。パワハラやセクハラは日常茶飯事となっており、誰もそれを止めようとはしません。法令違反な行動を強要されることもあります。このようなブラック企業へは絶対に入ってはいけません。求人を探す際には気をつけましょう。インターネットや書籍などで十分に情報を集めるべきです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ニュース&コラム

ページ上部へ戻る