入社前のチェックポイント

2015.08.17

5件

入社時に準備するべきもの

 就活を成功させて会社へ入社することになるならば、色々なものを準備しなければいけません。まず、社会保険や雇用保険に加入する必要があるため、色々な書類が要求されます。年金手帳も準備しなければいけません。前職があるならばそちらの源泉徴収票も必要です。

 どのような書類を用意しなければいけないのかはきちんと説明されるでしょう。入社までには時間的に余裕のあることが多いため、必要なものはすべて揃えておきましょう。期日に遅れてしまうのは社会人としてマナー違反です。

労働条件について確認する

 入社の際にはきちんと労働条件の詳細について文書で明示を受けましょう。労働条件についてきちんと確認せずに入社する方は意外と多いです。しかし、そのようなことをしてしまうと損をする可能性が高いです。不当な条件で働かされないように、細かい点についてもきちんと確認しておくべきでしょう。

 賃金や退職、業務、休職などさまざまなことに関する条件について、書面で説明を受けるべきです。そもそも、企業は労働条件について詳しく明示する義務があります。口頭による説明ではなくて、きちんと書面によって厳密な形で正確な条件を知っておくべきです。もし明示された労働条件と実際に働き始めてからの条件が異なるならば、労働者は雇用契約を解除できることを覚えておきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ニュース&コラム

ページ上部へ戻る