入社式の自己紹介は大事

2015.08.17

2件

入社式の自己紹介は大事

 入社式の際には自己紹介が必ず行われます。その時にきちんと自己紹介ができるかどうかによって、その後のあなたの印象は大きく変わってしまうでしょう。好印象を与えることができれば、スムーズに職場に溶け込めるようになり、仕事がしやすくなります。

 大切なこととして、内容をあれこれ考えるよりも、とにかく大きな声で明るく元気よく話すことが大切です。あまり気負わずに、とにかく元気なイメージを植え付けることができれば、自己紹介は成功したといえるでしょう。

自己紹介の内容

 自己紹介ではまずあなたの氏名を紹介します。ゆっくりと分かりやすく言いましょう。その場で覚えてもらえるように大きな声で印象に残りそうな言い方を心がけてください。苗字と名前の間はほんの少し間を空けるとよいでしょう。

 難しい漢字の場合は言葉で説明をしましょう。出身地についても話しておくと良いです。もし同郷の方がいるならば、その人に覚えてもらえる可能性が高いです。これから仕事をする上での心境や豊富についても語りましょう。やる気があり、好感の持てるような内容にしてください。上記はあくまでも例であって、自分なりの自己紹介を考えましょう。あまり受けを狙いすぎない方が良いです。無難な内容であっても問題ありません。言葉遣いには気をつけましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ニュース&コラム

ページ上部へ戻る